• Kanon Kobayashi/ 小林香音

ハートフルコンサート終演_2021.10.31

東京都・港区立高輪区民センターにて、妹・小林絵美里とピアニスト多川響子先生とのトリオ公演を行いました。お陰さまで人数制限上限までの多くのお客様にお越し頂き無事終演致しました。





演奏会本番でしか味わえない、お客様の集中と一体感で作ることができる至上の一瞬を経験できた本番でした。バイオリンを始めたての小さい頃から、幾度となく、いや数え切れないほど使用させて頂き私たちを育ててくれた高輪区民ホールで、このような演奏の機会を頂戴したことが本当にありがたく、嬉しく思います。アンケートでは地域の皆様も喜んで頂けた様子のコメントも多数ありました。今後も地域に根ざして、聴いて下さる方に”温かい”と感じて頂けるような演奏会を、長い目で見て継続して開催できたらいいなという思いが強くなりました。




今回、響子先生はヴァイオリニストでおられた妹の智子先生を亡くされる大きな悲しみの中で、大阪と東京の2公演で演奏して下さいました。今回の機会を通じて、自分自身、妹と心の奥底で繋がる絆に改めて気付かされたと同時に、響子先生の悲しみに立ち帰り、想像するにあまりある辛さを痛感することとなりました。それにも関わらず響子先生は逆に私たちをいつも温かい言葉と笑顔で励まして下さいました。本当に今回演奏して下さっていることの感謝が尽きませんでした。


皆様から頂いたアンケートのご感想を拝見すると、「こころほかほかコンサート」という演奏会の題名の通り、私たちの音楽を通じて心があたたまったと感じて頂けたようで、嬉しくしんみりしています。私自身もお客様から励まされて心が温まりました。

主催の高輪区民センター様、スタッフの皆様、お客様、サポートして応援して下さった全ての皆様に心から感謝致します。

~曲目~

シューマン:3つのロマンス

ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番『春』

ヘンデル:2つのヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト短調 Op.2-8

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン  ショスタコーヴィチ:2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品