• Kanon Kobayashi/ 小林香音

大学卒業_2022.3.31

この春、医師免許を取得し、大学も卒業しました。


6年前、憧れの大学に入学できたはいいものの、どのような大学生活を過ごしたいのか、どのようにその先の将来を考えていけばいいか、自分で道を決めていくことに関してある種の心細さを感じ、途方に暮れていた時のことを思い出します。


先輩方・友人・家族からの温かい助言と励ましや、様々な方々との出会いがあって、最初の一歩、次の一歩、と進めてこれました。おかげさまで6年前には想像もつかなかったほど、色々な経験を通して文字通り世界が広がりました。


ひととひとが音楽や学問など同じ対象への熱意と志を通して繋がり、そこからさらに興味や協力の輪が広がることの喜びを感じました。塾講師の場でも、生徒たちのまっすぐな意欲にも、優秀な同僚の先生方からも刺激を受け、毎週前向きに心が動かされる思いがしました。


課外活動を通して興味や経験や交流が広がった一方で、いつでも安心してかえって来られる”ホーム”だと感じられる大学という居場所があり、大学で素敵な友人や先輩後輩と出会えたことも非常にありがたいことでした。関わって下さった皆様に感謝します。


今後は、得た経験を糧に、身近なところから社会に貢献できるよう努力していきたいと思います。長い目でヴァイオリンを弾き続け、等身大の音楽を皆様に聴いていただけたらと思います。


早速7月3日は、大阪府医師会フィルハーモニーの皆様と、高谷光信先生と共演させて頂きます。夢の舞台、楽しみに準備したいと思います。(詳しくはこちら)